2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩永圭一さんの講演!

レポーター:フィナンシャル情報館(株)山本哲也(PIO21熊本経営塾代表)




平成21年9月25日(日)、我らPIO21熊本経営塾の“お父さん的存在”、
(有)コンフェッティ社長の岩永圭一さん(ハンサム??)が、熊本県立図書館主催の「ビジネス支援図書館セミナー」で自身の起業体験や事業を継続させていくコツなどを講演しました。



*ビジネス支援図書館とは?

図書館の持つ情報蓄積をベースに、Webやデータベース等を装備してIT化を図り、
これを運用する司書を養成して、図書館が創業とビジネスを支援する機能を保有する事で、
経済活動の活性化に繋げよう、という図書館の新しい活用方法です。
(参考:ビジネス支援図書館推進協議会



いつも岩永社長とは時間を共にしていることが多い中、
講師と受講者という関係で初めて話を伺いました。(少々照れちゃいました



現在、インターネットでウエディングアイテムの製造販売をされている同氏が、
事業を初めようと思ったきっかけは、ある雑誌に載っていた24歳男性の話・・・



紅茶を海外から直接仕入れ、それをインターネットで販売していて大成功しているという、
そんな記事を見たことが始まりだったそうです。



                       46695666_86s.jpg



行動力のあった岩永社長は、ファミコンのソフトを販売する事からインターネットショップのコツを掴み、そこから毎月毎年、顧客のニーズを探っていき売上を増やして現在に至ります。



そして今では、年商2億5千万という企業に・・・



平成15年創業のたった6年間でここまでに成長させた実績は只者ではない



自身の好きな言葉は「三方よし」



売り手よし・買い手よし・世間よしを合言葉に、
社会貢献も強く意識した経営をされています。



いつぞかの、「拝金主義」で有名だった某IT経営者とは大きく異なるスタンス。



また、最も印象的だった言葉は、



「好きなことをやれば売上が上がってゆく」



・・・・でしたね。




私自身も大いに刺激された、素敵な日曜日の昼下がりでした。


スポンサーサイト

9月定例会

PIO21熊本経営塾、9月の定例会が行われました。



日時:平成21年9月18日(金曜日) 17:00〜19:30

場所:フィナンシャル情報館内

参加者:島田、岩永、渡邉、平野、山本、高木

ゲスト講師:TKUテレビ熊本 南 大(ミナミヒロシ)氏


内容)

第1部
株式会社プレシード様 BMレポート発表(高木、岩永、渡邉、山本)

第2部
TKUテレビ熊本、南大氏による「企業とテレビ広告の現状」講義

第3部
平野義登さん、第4子誕生のお祝いセレモニー



爽やかワンポイントコメント 代表者山本より

今回の定例会は初めて外部講師を招いて行いました。
講師をしていただいた南氏の会社、テレビ熊本(TKU)は、
フジテレビ系列の地場有力民放の一つです。

メンバー一同の印象としましては、
先ず思ったほどテレビ広告が高額ではない、ということです。

また、企業の個別の目的により、様々な手法でCMを活用することができ、
インターネットや新聞広告と違って、その広告を求めていない視聴者に対しても、
一方的に情報が流され、ある意味自然に印象付いてゆく。
そんな点がテレビ広告の最大の特徴であると理解しました。




????

■第1部:株式会社プレシード様へのBMレポート発表会



先日訪問させていただきました株式会社プレシード様のBMレポートを、
(参加した4名で)発表しました。



今回のBMレポートは、株式会社プレシード様がメーカーであった事から、社長ご自身や会社が商品開発や技術向上に取組む姿勢について各自が感想を述べ合いました。



世の中にないものを創造しようという気持ちが溢れていたと語る、
(有)コンフェッティ
岩永圭一さん(ハンサム??
岩永さん.JPG




「人と商品を育てる」という松本社長の姿勢に共鳴した、
フィナンシャル情報館(株)
山本哲也さん(PIO21熊本経営塾代表)
山本さん.JPG




同社の様に、熊本だけではなく世界を見て、広い視野でビジネスに取組んでいきたいと語る、
フロンティアビジョン(株)
渡邉直登さん
渡邉さん.JPG
                           (以上、撮影:フルハウス進星(株)高木英利)



いずれにしましても、松本社長の創業時から変らない「前向きな姿勢」、
これをメンバー各々が学んだ結果となり、またしても糧となり得たと思います。




■第2部:「企業とテレビ広告の現状」講義



我々中小企業にとって、身近な、しかし少々縁遠い分野でもあるテレビというメディアについて、
改めて勉強する機会を設けようと、TKUテレビ熊本の南氏をゲスト講師として招き、
約30分に渡り講義を頂きました。



いわゆる「広告」の起源となった犯罪者指名手配の話に始まり、
テレビ広告におけるタイムCMスポットCMなどの種類、
それに、一般的な料金に至るまで、
本会のために作成いただいたプレゼンPC画面を基に、様々なお話しを頂きました。



企業の個別事情、予算、目的、ニーズに合せてカスタマイズ出来るテレビCMを、
中小企業の皆さんに、もっと身近に感じて欲しいと語る
TKUの南氏
TKU南さん.JPG



我々企業人が広告を考える時、
どんな人達に、どんなタイミングで自社または商品をPRしたいのか?
という命題に突き当たる事になりますが、



テレビCMにおいては、
番組別、時間帯毎に、【世帯別、世代別、性別】などの各視聴率が分析されており、



これを仮に検討する場合、
(自社または商品を)どのような方法で広報するのか?
・・・・というテーマを考える必要が自ずと出てきます。



それら一連の作業は、ホームページの作成などと同様に、
改めて自社自身を知る機会にもなるという点に気付かされました。



講義の模様
全体模様.JPG




印刷業である自社として、テレビ広告との“協働性”について語る、
(株)大和印刷所島田修さん(・・・奇跡の独身イケメン。趣味は生け花と宿泊キャンプ)
島田さん.JPG




同社もラジオ番組を持つ事から、“印象付け”や“信用性”の観点で広告を考えている、
(有)平野設計室平野義登さん
平野さん.JPG



思ったより広告料が高額ではないこと、

対顧客という点で「テレビにおける信用」が効果的であること、

それに、自社や商品にどんな広報手法、生かし方があるのか?・・・・など、

様々な事を考える機会になった有意義な講義でした。




■第3部:平野義登さん、第4子誕生のお祝いセレモニー



9月12日に(有)平野設計室常務取締役、平野義登さんに第4子が誕生されました。


少子化が問題となっている昨今、「奥様と家庭を何より大切に」が信条の平野さんをお祝いすべく、
PIO熊本有志一同にてお祝い品をプレゼントしました。



山本哲也代表より平野義登さんへの贈呈
贈呈式.JPG



このプレゼントは、岩永圭一さんの(有)コンフェッティ社の取扱い商品である、
愛らしいトトロセットでした。


ご誕生、おめでとうございます


????


定例会が終了し、これまた定例の「世界の山ちゃん」にて手羽先をほうばりながらの打上げ。



島田修さんによる「宿泊キャンプの素晴らしさ」についてお話があったり、
とても楽しいひと時でしたが、



もう一つ、



企業人PIO熊本メンバーとして・・・



【胸(ハート)】を大切に思うのか、
または、【脚(足で歩き頑張る)】を信念とするのか、
という二派に分かれた哲学的な議論もありました。



実際難しいテーマでしたが、闊達な議論大いに結構!という感じで、
双方一向に譲りませんでした。



最終的には多数決となり、【胸(ハート)】が過半数を獲得しました。



本PIO熊本ではこれから、【胸(ハート)】を大切に、各人が努力してまいります


9/9株式会社プレシード様へのBM

PIO熊本、第6回目のベンチマーキングが行われました。



日時:平成21年9月9日 AM10:00〜11:40

BM先:株式会社プレシード

代表者:松本修一 様

内容: 松本社長によるお話、工場見学



代表者山本より。

同社は、【お客様がほしいもの】を造るのではなく、【自分たちが造りたいもの】を造るという姿勢を貫いておられます。
事業も複数に分散されているので、経営上のリスクヘッジも考えられていると感じました。
【自分たちの物が売れないという事は世間がおかしい】という自信を胸中に持たれており、
我々もこうありたい、と思った次第です。



・・・・・・・・

株式会社プレシード 様は、半導体製造装置を中心に各製造フィールド向けの自動機・省力化ラインの開発メーカーで、設計から部品加工、電気制御、組立・調整まで一貫生産されています。



BMでは、今年で20周年になる同社の歩み、また、松本社長の会社への思いについて、
お話を聞くことが出来ました。
BMの模様.JPG




ご自身、お子様が三人いらっしゃることから、
「会社を4人目の子供だと思っている」と語る松本社長。
松本社長.JPG





<参加メンバー>
preceed.jpg
(左より)フロンティアビジョン(株) 渡邉直登さん、フルハウス進星(株)高木英利さん、
フィナンシャル情報館(株)山本哲也さん、(有)コンフェッティ岩永圭一さん。




上海帰りで少々カゼ気味だった?フロンティアビジョン(株) 渡邉直登さん。
渡邉さん.JPG



PIO熊本の誇る“良心”??(有)コンフェッティ岩永圭一さん。
岩永さん.JPG



今回も“爽やか”??に、
そして熱心に話を聴いていたフィナンシャル情報館(株)山本哲也PIO熊本代表。
山本さん.JPG

                            



そして松本社長との面会後、工場内を見学させて頂きました。
工場見学.JPG




本BMでも、また一味違った経営、考え方を学ぶことが出来ました。



また今回は、前々回のフジバンビさんと同じく、
熊本市の山口千鶴さんのご尽力によりBMさせて頂きました。心より御礼申し上げます。



次回定例会にてBMレポートを各自が提出し、御礼と共に松本社長へお届けします。


8月定例会

8月定例会の報告を致します。



日時 平成21年8月28日17:00〜19:30(金曜日)
場所 フィナンシャル情報館内
参加者 岩永・渡邉・高木・島田・山本
内容 
・ITを使ったビジネス戦略の講義
・自分史(発表者:高木)



◆代表者より

ITを活用したビジネス戦略については、メンバー内にプロ中のプロが2名いる事から、
密度が濃く、適格な意見、アドバイスが飛び交いました。

HPが企業色を出す上で重要な大事なツールになっていると言われて久しい昨今ですが、
「何を伝えたいのか」という方向性をきちっと持ったHP作成の必要性を改めて認識しました。





・・・

今回は、「自社HPのIT戦略」を勉強すること、それに、「自分史」を人に伝える事で、自身の現在の立ち位置、これからの展望を考える・・・という2つのテーマで定例会を行いました。



テーマ1):「自社HPのIT戦略」



このテーマでは、フィナンシャル情報館(株)のホームページを題材に、
「この機会に改良してしまおう!」と、一連の取組みが開始される事になりました。



それに向け、

ウェディングアイテムドットネットを主宰する(有)コンフェッティ岩永圭一さん、

さらに、戦略的HP制作のフロンティアビジョン(株) 渡邉直登さんという、

PIO熊本の誇る二人の天才によりスタートされました。

(・・・なんて恵まれた環境なんでしょうaa



先ず第一に、“爽やか”がトレードマークの同社代表、
山本哲也さんの写真撮影を行う(有)コンフェッティ岩永圭一さん。
撮影風景.JPG
やはり、“爽やか”でした??



次に、フロンティアビジョン(株) 渡邉直登さんによる、山本哲也さんへの聞取り作業。
渡邉.jpg
ここで、改めて自身が、
・お客様に伝えたいこと、
・どんな人に観て貰いたいのか?
・何を持ってHPの効果とするのか?
・・・などが問われ、
自社経営を考え直す機会にもなります。



フィナンシャル情報館(株)は、世の中の多種多様な金融商品を、メーカー(証券会社や保険会社)とは異なったスタンスで、顧客ニーズに応じて購入サポートを行う会社ですから、それを分かりやすく伝えるHPを目指して改良作業に入りました。



熱心に話を聴く山本哲也さん(左)と、
自社もHPの見直し考えている(株)大和印刷所島田修さん。
山本&島田.jpg



フィナンシャル情報館(株)のHPがどう変化するのか。

今後がとても楽しみです



続いて、
テーマ2):「自分史」



第1回目の発表者は、フルハウス進星(株)高木英利さん。
自分史.jpg
自分の家系や家業の変遷に始まり、これまでの経歴など多岐に渡る自分史が発表されました。



「歴史に学び、現在、未来に生かす」とはよく言われますが、
自分史を考える機会がまさにそれに相当する事だと理解しました。



この取組みは度々定例会にて行いたいと思います。


«  | ホーム |  »

プロフィール

PIO21Kumamoto

Author:PIO21Kumamoto
PIO21熊本経営塾ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

定例会 (54)
BM (32)
info&event (22)

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。