2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月定例会

残暑厳しい中、8月定例会が行われました。




日時)平成22年8月20日(金)17時〜

場所)フィナンシャル情報館株式会社内

内容)

・自分史発表〜(株)大和印刷所島田修さん 

・第77回全国高校野球選手権大会熊本県予選「九州学院VS東海大二」VTR鑑賞




山本哲也PIO熊本代表の爽やかコメント
                    山本代表 アップ.jpg

今回もすばらしい定例会となりました。
恒例の自分史です。

今回は大和印刷所の島田修さんでした。
彼の自分史にはとても興味深いものがありました。
私自身、彼とは高校時代、大学時代と野球というフィールドで、
共に切磋琢磨しあったライバルかつ同志でもあります。
そんな彼がどんな半生を歩んで来たのか、その話は非常に興味深かったです。

私もそうなのですが、野球で人生の分岐点を潜り抜けてきていることがよく分かりました。

特に彼は野球エリートでもありますから、
野球がいかに大事な存在であることを改めて知ることが出来ました。

本当にありがとうございました。  




??????????



これまで順番に発表している自分史、
今回は島田修さん(花嫁募集中。好物はピーマンとソーセージ)の番です。




現在33歳、その半生を語っていただきました。

島田さん.jpg



島田家の三男として誕生した修さんは、幼小の頃からスポーツ万能。
小学生の頃にはリトルリーグに入り、抜群の才能を発揮します。



ただ、リトルリーグの活動が土日に限られていた事もあり、平日は小学校の部活動、サッカーなどにも参加、また男子ながらもバレエを学び、数々の演舞会において優秀な成績を修めます。



それらの多彩な経験からバランス感覚が養われ、中学3年時には(先日の甲子園でもベスト8に輝いた)九州学院高校からスカウトされ、エリートとしての道を歩みました。



2年次には既にベンチ入り。



そして3年生になり、「右投げ左打ち、1番セカンド」として、
第77回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園熊本県予選)に出場。



この時、山本哲也氏率いる東海大ニ高と3回戦で運命の対決。
延長の末、逆転勝ちで勝利。



そして決勝に進むも、今度は逆転負けを喫し、
目前で甲子園の夢破れた島田さん・・・・・初めての挫折。。。



その後、同じくスカウトされ大学へ進学、社会人となり同業他社での修行を終え、
家業である大和印刷所へ入社。



時にユーモアを交え、時に思い出されたのか目に涙を浮かべ、
熱心に語っていただきました。




<各メンバーの感想>


フロンティアビジョン(株)渡邉直登さん(通称:校長)。
渡邉さん.jpg
「選ばれた者にしか挫折はない。その挫折を乗り越えられるのは、やはり選ばれた者である」
そんな言葉を島田さんの自分史を聞いて思い出した。




(有)コンフェッティ岩永圭一さん(ハンサム師匠??)。
岩永さん.jpg
自分も師匠と呼んで頂いているが、島田さんの半生を知り、
今度からはオサム先生とお呼びしたい。
野球を通じて、我々一般人では得難い宝物をお持ちだと思う。




フィナンシャル情報館(株)山本哲也さん(永遠の爽やか青年?)。
山本さん.jpg
島田さんの人生の1ページに、私との激闘が記されている事を大変光栄に思う。
共に甲子園を目指したライバルとして、心からお礼が言いたい。
これからもよろしく!




(有)平野設計室平野義登さん(大統領っ)。
平野さん自転車.jpg
今回の自分史は涙を抑えきれなかった。
島田さんのその誠実で優しい人柄は、幾多の栄光と挫折の結果、培われたものだと思う。
      (今回も自慢の“愛車”HUMMERで登場した平野さん)




??????????


続いて、当時高校3年生、島田さんと山本さんが対決した、
伝説の第77回全国高校野球選手権大会熊本県予選「九州学院VS東海大二」をVTR鑑賞。



東海大二高校、3番セカンド・山本哲也選手(右投げ右打ち)。
山本選手.jpg
この打席でライト方向に鮮やかな流し打ち、タイムリー安打となります。




そして九州学院高校、1番セカンド・島田修選手。 島田選手.jpg
この試合の守備でセンターに抜ける打球を逆ハンドで捕球、ノーステップで一塁へ送球するファインプレーを魅せます。
放送では何度もスロー再生され、解説者に絶賛されていました。



??????????


今回自分史を発表した島田さん、そのライバルであった山本さん。



甲子園を目指し、野球に青春の情熱をかけたこのお二人が、
偶然にもメンバーに加入し、
身近に当時の経験を聞ける事は、かけがえのない我々の財産だと思います。

そんな思いを改めて持った定例会でした。




次回は、
モントリオール五輪ハンドボール女子日本代表監督を経て、
現在は熊本県サッカー協会会長として活躍される井薫様へのBMを予定しております。


スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

PIO21Kumamoto

Author:PIO21Kumamoto
PIO21熊本経営塾ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

定例会 (54)
BM (32)
info&event (22)

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。