2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパネットたかた様へのBM (佐世保1/2)

本年5回目のベンチマーキングを行いました。




BM先)株式会社ジャパネットたかた
    
     代表取締役 高田 明 様 (高=正しくはハシゴダカです) 
    


日 時)平成23年10月21日(金)9:30〜




山本哲也PIO熊本代表の潮風コメント
                    山本代表 アップ.jpg

今回のBMは、いくら語っても語り尽くせない程すばらしい会社でした。
「社員力」を今年のテーマに掲げておられ、
ご案内いただきました社員様をはじめ、みなさんにその力をジンジン感じました。
やはりすばらしい会社はすばらしい人(社員)で作られているのだと、
改めて感じたのでした。
また、念願の高田社長とのお話しでは、会社を伸ばしていける秘訣として、
「目の前のことを怠慢することなくスピードをもってさばく。結果は自ずと付いてくる」とのことでした。
私自身の今後の心構えとしてすごく参考になりました。

潮吹氏 ハーレー1.jpg




?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф
ジャパネットたかた様は、「個人情報の厳重な管理」を徹底されておられるため、
社内への撮影器具の持込みは堅くお断りされていらっしゃいます。
そのため、今回は文章のみのご紹介とさせていただきます。

?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф



今年、日本中が熱狂した“なでしこJAPAN”のワールドカップ制覇。
その立役者でチームリーダーでもある澤穂希選手は、日頃からチームメイトにこう言い聞かせているそうです。

「苦しい時は私の背中を見ていなさい」

この澤選手の言葉は、
リーダーが何たるものか、その答えの一つを私たちに教えてくれています。

そして今回、メンバーの念願でもあったジャパネットたかた様を訪問することができ、
奇跡的にお会いした高田社長の一つの印象として、その言葉が強くオーバーラップしたのでした。



?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф



先ずは社内をご案内くださいました。



メーカーから仕入れを行うバイヤー、それを販売する各メディア部門(インターネット、テレビ、ラジオ、雑誌・カタログ等)がワンフロアに一体となり、活気溢れる職場でした。
そのフロア(TVは別スタジオ)から各種媒体を通じ、日本中に商品が通信販売されています。


例えば、ラジオブース。
外から拝見するに、(声は聞こえませんが)ブース内で社員の方が身振り手振りを交え、懸命に熱心に受話器に語りかけています。涼しい気候の当日でしたが、そこだけ熱気でガラスが曇ってしまうほどの情熱が、外の私たちにも伝わってきます。
ここから全国の民放ラジオ局に1日約80本も放送され、商品を案内されているそうです。
そして放送後はブースから出て足早にデスクに戻られます。
今度は自分が放送したラジオ聴視者からどんな反応があるのかを確認したり、場合によっては直接電話応対をするためです。
反響があれば喜びがあり、少なければ自身の話し方や説明方法の反省、工夫に繋がります。


少なからず、一人一人が「商品に責任を持っている」というイメージを強く受けました。


・沢山の商品の中からお奨めできる良い商品だけを選び、
・あらゆる方にわかり易くお伝えし、
・モノを売るだけではなく、モノの向こうにある変化や生活を伝え、
・商品を通してお客様と繋がっていきたい。



これらの揺るぎない信念を社員の皆さまお一人お一人が強く持っていらっしゃる事を、
間近で拝見することが出来たのでした。



?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф


次はお待ちかね、高田社長その人が生放送されているテレビスタジオ見学です。



私たち7名は、案内されるまま緊張の面持ちでスタジオに入りました。
テレビ局そのものの、カメラ、セット、機材が壮大に並べられています。
(ちょうど「円高還元祭」を放送されている最中でした。)

それは照明のせいだけではなかったと思います。
ひときわ輝いていらしたのが高田明社長でした

様子を注視していると、高田社長はじめMCの方(この日は中島一成さん、赤瀬翔子さん)が、全くカンニングペーパーを読んでいません。
それだけ商品を熟知し、その良さをどう分かりやすく顧客に伝えるのかを、懸命に訓練されているためだと思います。先ずその点に一同驚きました。


生放送が終わり、なんと高田社長と歓談するチャンスを頂戴しました?a
(とはいえ、いつになく緊張して明らかに顔が強張るメンバーa


俗的な表現をすれば・・・・「カッコイイ」。
それが先ず誰もが思った正直な第一印象です。

ライトが当たったセットにて、舞い上がってしまってつたない質問をする私たちに、
高田社長は真剣に、時にユーモアを交えて優しくお話しくださいました。

そのお話しの中の一つが、前記代表コメントにもありました、
「目の前のことを怠慢することなくスピードをもってさばく。結果は自ずと付いてくる」でした。

理想や理念は誰しも持つことだが、何よりもいま目の前の課題を一つずつ、決してサボらずにクリアしてゆく。常に完成形なるものは存在せず、日々それの繰り返し。
この言葉は経営実務に携わる私たちのハートに、まるで家電製品の便利な使い方が熟知できたが如く、強く響きました。



?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф


もう一つ、その場で気になったことが。
それは、我々に語りかける社長の姿を、MCの方々、ご案内いただいた総務の方々皆さんが、注視しておられたことです。一言も漏らさぬように。

「苦しい時は私の背中を見ていなさい」

高田社長はあれだけの規模の会社を経営しながら、自身がMC、トップセールスマンです。
トップ自身が消費者にその商品の責任を直接負っていらっしゃる訳です。
社員の方々は、そんな社長をいつも間近に見て、息吹を感じています。

会社が良い時も悪い時も、そんな社長の背中を社員さん達は見ていらっしゃいます。
その中でリーダーたる高田社長は、いつもハツラツと輝いており、そんな経営者の遺伝子が、
社員一人一人の中に育っているのだと感じました。

後ほどこの点を、社員の方に伺いましたら、こう答えてくれました。
      
       「私も他の社員も、高田(社長)の事が大好きなんです。」と。


?????Ф?????Ф?????Ф?????Ф

最後に記念撮影。

 

集合写真.jpg


(左より)
・(ご案内くださいました)総務部の谷田貝のり子様
(有)平野設計室平野義登さん(大統領っ
フィナンシャル情報館(株)山本哲也さん(爽やかな潮風?
(株)リアルワークス戸田博公さん(志半ば王子)
(株)大和印刷所島田修さん(安めぐみ似の花嫁募集中。趣味は安全運転)
(有)コンフェッティ岩永圭一さん(ハンサム巨匠??
フロンティアビジョン(株)渡邉直登さん(通称:校長)
・見学の模様を撮影頂いた福島様
・総務部の青木大起様




メーカーがTVコマーシャルで伝えきれていない部分。
消費者である私たちにとって、その商品が何であるのか?
ジャパネットたかた様はこの国において、それを分かりやすく詳細に伝え、各家庭に届ける重要な役割を担われています。

またその存在は、M&Aにより事業拡大し、自己満足のうえ肝心な顧客満足を置き去りにした名ばかりの“大企業”も存在するこんにちにおいて、
「顧客と真摯に向かい合う商売」なる原点を、私たちに教えてくれています。



「購入するならジャパネットさんから!」いちユーザーとしても、
そう心に決めた我々だったのでした。




若輩者の名もない私たちの訪問を、
快くお受けいただきました高田社長はじめ、総務部の谷田貝様、青木様、福島様、
そして社員のみなさま、本当にお世話になりありがとうございました。
心より感謝いたしております。




                       オサム先生は象徴




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pio21kumamoto.blog.fc2.com/tb.php/120-811eec54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

PIO21Kumamoto

Author:PIO21Kumamoto
PIO21熊本経営塾ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

定例会 (54)
BM (32)
info&event (22)

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。